事故歴は隠さずに

車の擦り傷やへこみなどはよく起こることかもしれません。
狭い場所での車庫入れなどでは塀にあたってしまうこともあるかもしれませんし、電柱に当たってボディーがへこむこともあるかもしれません。
それでもそのくらいの傷は数万円で修理することができるでしょう。

 

数万円も確かに痛いといえば痛いのですが、車に乗り続けていく以上常にそのくらいのリスクはつきものといえるかもしれません。
そしてそれ以上のリスクとなると事故ということになります。
これは自分で行う独り相撲やもらい事故など様々なものがあります。

 

自分の過失においても相手からのもらい事故であっても事故であることには変わりはありませんし、自分の愛車も無傷ではいられないでしょう。
そうなると自分で走ることも困難であるかもしれません。
もはや乗り続けるにはかなりの修理代金を払わなくてはいけない状況となるのです。

 

その際の修理代金は20万円、30万円では安いほうかもしれません。
それでも直さなければ車のない生活になってしまうので、修理するか買い替えということになります。
30万円の修理代金であるのなら修理したほうがいいのはいうまでもないでしょう。

 

そして大事なのは車無料査定のときです。
どうせ事故をしたことは査定員が車を調べたらわかります。
ですから、最初から事故の自己申告をしておいがほうが無難といえるかもしれません。
罪の場合でも、自首したほうが軽くなる論理と似ているといえますね。

関連ページ

洗車も大事
やはり外観がきれいですと印象も良いので洗車は重要なポイントで大事です。常にきれいにしておきましょう
ノーマルの部品
車は色々な好みがありますが、ノーマルの部品を取っておくことが高く売れる事になります
傷は無い方が良い
車査定では傷は無い方が良いですが修理代との関係や査定額の関係について説明しています
装備品があると・・
装備品があると査定を受けた時にどうなるのか気になるでしょう。その装備品の種類によっての対応などを掲載しています