ノーマルの部品

車はみなさんもよく知っているようにとても細かな部品が何万点にも及んで組み立てられています。
これらの部品の中でも私たちが変えられる部品があることはよく知られています。

 

たとえば、マフラーなどがそうです。
走り屋と呼ばれている人たちは車の購入と同時にマフラーを社外品に変える人が多く、これはかなり走り屋の基本となっていることがらです。
また、エアバッグが開発される前はステアリングの交換なども基本でした。
今ではスポイラーなどでボディーを飾り付けることも少なくなりましたがそれでもマフラーだけは変えることが多く、これが現在では唯一のカスタムといえるかもしれません。

他にはタイヤ交換や、アルミホイールなどで自己主張することが多いといえます。
それでも昔に比べてカスタムが減っているのには理由があります。
それはそのままでは車検に通りにくくなっていることも一因です。
しかし、それは今に始まったことではなく、昔からそうだったので、車検前にはノーマルのマフラーに戻すなどの処置が必要でした。

 

そして、もう一つの要因としては社外品をつけたままでは、車無料査定額が低くなるということがあげられるのです。

 

いくら高価なマフラーやアルミホイールをつけていてもそれは車無料査定とは全く関係ないといってもいいでしょう。
ですから、カスタムはいくら行ってもいいですが、ノーマル部品は交換できるように大事に保管しておかなくてはいけないのはいうまでもないのです。

関連ページ

洗車も大事
やはり外観がきれいですと印象も良いので洗車は重要なポイントで大事です。常にきれいにしておきましょう
傷は無い方が良い
車査定では傷は無い方が良いですが修理代との関係や査定額の関係について説明しています
装備品があると・・
装備品があると査定を受けた時にどうなるのか気になるでしょう。その装備品の種類によっての対応などを掲載しています
事故歴は隠さずに
無料査定を行う際には、事故歴があっても隠さずに申告しましょう。