人気車は強気で交渉しよう

現在の国産車に限って言えば、多くは2年ごとのマイナーチェンジが施されます。
また、毎年微妙に車を変えてくるメーカーもあります。
これは車の技術が日進月歩であることから、すぐにその技術を反映させたほうがいい場合もあるからです。
これらはいくぶん微調整の範囲ともいえます。

 

大きな変更、これは車の形状自体も変えてしまうようなものになれば、もはやマイナーチェンジといえるものではなく、フルモデルチェンジということになるのです。
フルモデルチェンジは4年前後で行われることが多くなっています。
また不人気車であればフルモデルチェンジの時期を待たずに生産中止となってしまうこともあるのです。

 

この生産中止になってしまった場合、車無料査定では高値がつく場合と、二束三文になってしまう場合があります。

不人気で生産中止となった場合は後者の場合がほとんどでしょう。

 

また、フルモデルチェンジの時期を前後する場合の車無料査定では車の査定表に基づいたものとなるので、それほど値動きはありません。
あとはディーラーの算段によることとなるのですが、ディーラーが希少価値と認めた車は査定額が高くなるのは当然ですし、フルモデルチェンジ前の車に魅力がないと思えば査定額は安くなるのも当然です。

 

いずれにしても人気度によって左右されますし、それはディーラーがこの車は売れるか売れないかを判断して値段が決まると考えてもいいのです。
これはある意味商売の基本ですね。

関連ページ

必要なものは?
無料査定を行う場合に一番大切で必要なものについて説明しています。やっぱりそれはひとつですよね。
下取りとの関係
下取りはどれくらいで値段が付かなくなるのでしょうか?年式と価格の関係について掲載しています。
価値があるもの
車の価値があるものや価値は査定の場合はどのように決まるのでしょうか?その仕組みについて説明しています