カスタマイズが与える影響について

 

車を売却する際、必ずしも買った時のままの状態であるとは限りません。
車好きにとっては、買った車を自分でカスタマイズしたりするのは楽しみのひとつですから、新たに部品を装着したりして購入時とは状態が変化していることも珍しくはありません。

 

新車購入時に車に装着されていた部品(交換用含む)のことを純正品いいます。
メーカー以外が製造した部品のことを社外パーツ(カーナビ、オーディオ、マフラー、ホイール、スピーカー、エアロパーツなど)といいます。

 

ディーラーで下取りしてもらう場合、社外パーツは基本的に評価の対象にならないといわれています。
なので、自分で社外パーツに交換した場合でも、純正品は売却の時のためにしっかり保存しておくといいでしょう。
逆に買取専門店ではむしろ社外パーツが評価される傾向にあります。

 

車に付けたまま査定を受けるのもいいのですが、社外パーツの場合、パーツだけ取り外してパーツ専門店に売るという方法もあります。
カーナビの場合、ポータブルの場合は別として素人には取り外しが難しく、店で取り外してもらうにしても工賃がかかります。
なので、買取専門店にナビ付きの状態でまず査定してもらうことをおすすめします。

 

カーオーディオの場合は、社外品は、よっぽどの人気ブランドでもない限りは、付けたまま売却してもあまり査定に響かないこともあり、また、カーナビに比べて取り外しにそれほど工賃がかからないので、取り外してパーツ専門店で売却した方がいいかもしれません。

 

どちらがお得かは部品によって違いますので、情報を収集して売却することをおすすめします。

 

関連ページ

買い替えと査定
車を買い替える際の査定の流れや注意しておかなければいけない点を記載しています
良い査定と悪い査定
買取を行う際には、良い査定業者と悪い査定業者がいます。ここでは良い業者を簡単に説明しています。
一括査定で相場を知る
車を高く売るなら一括査定が一番ですね。その一括査定の申し込み方法をやさしく掲載しています。
査定の相場と実際の違い
一括査定は実際に売れる金額ではなく概算や相場を知るという事ですが実際に査定に望氏の注意点などを掲載しています
車を売る際の交渉術
車を少しでも高く売りたい時にはやはり交渉が必要になってきます。その交渉術と知っておきたい知識について掲載しています
車種や状態で査定額を上げる
車を売却する時に人気の車種や状態で査定額をあげる方法についてご説明しています
売却時期が査定に与える影響
車を売る時は時期を考えて売る事により通常より高く売れるケースがあります。その時期や理由を説明しています。
購入から5年以上経つと
車を売る時に価格を決める要素に年式があります。5年以上経つと値が落ちるのでしょうか?
査定をする人によって価格が変わる?
査定士と一言で言っても見るべきポイントや評価は違いますので査定金額が変わる事も考えられますが、実際はどうなのでしょうか?
モデルチェンジと売る時期との関係について
モデルチェンジの時に車の値段は下がるのでしょうか?上がるのでしょうか?またそのモデルチェンジ時期の売る時期について解説しています。
車査定基準は何で決まるのか?
車を売ろうと考えている時に、その査定額はどのような基準で決まるのかを解説しています。