査定の基礎知識

 

やはり、車を売る場合は車がどれ位で販売されるのか査定は売る側が一番に気になることです。
車は新車を購入後は走行年数が経過すれば経過する程に、査定額が下がっていきます。

 

査定では車の種類やカラーリング、走行年数などが調べられます。
もちろん、できるだけ新しい車がいいことは当然ですが、車庫などにあてた場合など、少しでも車体にキズがあれば減額対象になります。
ちょっとしたこともチェックされますから、できるだけ車内はきれいに清掃されていることも大切です。
トランクなどがさびていても良くないですね。

 

よくペットを同乗させるドライバーが多いですが、車内に犬や猫の臭いが残っていてはマイナス要素になります。
その臭いを消すために消臭剤などの臭いが車内に残るのも、新しい購入者には異臭に感じられる場合がありますから要注意です。
基本的には外装や内装はキズがなく、エンジンは良好、走行距離は標準の範囲内であることが求められます。
例えば、同じ年数を乗った車を比較した場合は、走行距離が標準より少ない場合は減額にはなりません。
減額する、しないかは査定協会の基準で定められた基準値と、査定表で決められます。

 

査定協会が運営する査定制度に則った査定を実施する業者は現在、全国に9000社があり、査定士には14万人が登録しています。
この査定士の資格を取得するには、20歳以上で自動車免許を取得しており、自動車整備の経験が6か月以上あることが条件になります。

 

 

査定に対する知識記事一覧

車を買い替える場合の査定期間はだいたい1週間前後となります。査定は車を売りに行った店で、その場で判断できるというものではありません。エンジンの状態や車全体の使用度を査定するには、ある程度の時間が必要とされます。また、店だけのスタッフで判断を下すのではなく、本部人員の最終的な査定も含まれますので、ある程度は時間がかかることになります。最近はインターネットによる査定も行われていますが、これは実際に車を...

査定を依頼する場合は、なるべく評判の良い会社を探して選ぶことが大切になってきます。何でも同じですが、評判の悪いところはサービスも十分ではありません。通常は車を売る機会はそう多くはありませんから、買い取り業者についての評判もどう判断すればよいのか迷ってしまいます。ではどうすれば評判の良い悪いを判断できるのでしょうか。インターネットでは書き込み欄などはあり、商品などに関してもユーザーの評価を書く項目が...

車を売却する際に、まずやるべきことは、自分の車が果たしてどのくらいの価値があるかを把握することです。そのために、車を査定してもらう必要があります。一昔前であれば、中古車販売店等に車を持ち込んで査定してもらい、査定額に納得がいかなければまた別の販売店を回らなければならず、手間と労力がかかりました。しかし、インターネットの発達した現在ではそんな煩わしさも不要となりました。多数の買取専門店が提携している...

一括査定の査定額はあくまで概算なので、だいたいの相場を知ることができたら、その中から条件のいい業者をいくつかピックアップして実車査定してもらう必要があります。実車査定の際は、一社に限定せず、できれば3社程度に実車査定を依頼することをお勧めします。実車査定は店舗に持ち込む方法もありますが、より効率のいい方法が出張査定です。現在ではほとんどの買取業者が無料で出張査定サービスを行ってくれるので、利用しな...

ディーラーに下取りに出す場合も、買取専門店で買い取ってもらう場合も、第一に注意すべきポイントは、急いで決断しないということです。営業マンの常套文句に「いま売れば高く買い取ります」というのがあります。できれば他社の査定を受けて欲しくないというのがディーラーや買取業者の本音なのです。ですから、セールストークに惑わされず、「すぐには決められない」ことや「他社の査定が全部提示されてから決める」ことを営業マ...

査定士は査定するポイントは、基本的には「車種」「年式」「走行距離」「修復歴」などです。業者によってなにを重要視するかも違います。また、ディーラーと買取専門店など売却先によって評価されるかポイントにも差が出ます。「車種」はやはり市場では一番重要視されるポイントです。同じ車種でもカラーによって人気も変わります。基本的には白と黒の人気が高いようです。「年式」は、できるだけ新しい方がいいのは当然ですが、古...

車を売却する際、必ずしも買った時のままの状態であるとは限りません。車好きにとっては、買った車を自分でカスタマイズしたりするのは楽しみのひとつですから、新たに部品を装着したりして購入時とは状態が変化していることも珍しくはありません。新車購入時に車に装着されていた部品(交換用含む)のことを純正品いいます。メーカー以外が製造した部品のことを社外パーツ(カーナビ、オーディオ、マフラー、ホイール、スピーカー...

査定額をアップするための方法として、売却時期も大事なポイントです。売りたいときに売るのが一番いいのは当然として、時期によって車が高く売れる場合があるので知っておくと便利です。多くの人が車を必要とする時期がすなわち車が高く売れる時期と言えます。春先は入学や入社などで引っ越しが多くなり、車の使用頻度が高まります。また、ゴールデンウィークなどに備えて車を買う人も増えるはずです。なので、その少し前の時期、...

車の価値について一般的に言われていることに、新車の購入から3年5万km以内であれば一定の価値を保つ事ができ、その期間を過ぎて航続距離が長引くと価値が激減してしまい5年数以上経過した車は値がつかないするという話があります。価値が激減するというのは単に自動車の機能や安全性が危ぶまれるというわけではなく、消費者が購入する際の印象として長く走行した車は避けようとする場合がよくあり、また5年を経過した後はフ...

車の買取り現場では、査定をする人により提示される価格が変わる事があるという話も聞くのですが、これは本当のことなのでしょうか。確かに人がチェックする以上は何かしらミスをする場合もあるもので、例えば医師であっても見過ごしや判断ミスをした場合には、誤診をしたり医療ミスに繋がることもあります。医療ミスというのは困ったものですが、車の買取の現場ではかなり大きな額のお金が関わってきますので、査定をする人によっ...

車を売るにはタイミングがあることをご存知ですか?車検の前が良いとか、走行距離が短い方が良いとか色々なタイミングがいくつかあるのですが、その中の一つにモデルチェンジ前が良いというのがあります。なぜモデルチェンジ前は売り時なのでしょうか?モデルチェンジをしてしまうと旧型モデルの車は当然安くなってしまいます。モデルチェンジ後はたとえ新車だとしても旧型モデルのものは割引率がグンと大きくなり安く売られていき...

車の査定というのは、何を基準にして行うのでしょう。下取りの査定基準は、1年に1回のタイミングで決定し、下取りの場合、日々下がります。具体的な下取り査定の基準は、年式、走行距離、事故歴、キズ、車内外の状態などが主になります。買取りの査定基準は、買取専門店での買取価格が参考になります。基本的に、業者間の中古車オークションの落札価格をメインにして買取りの基準価格を決めます。下取りと違い、買取りの場合、中...