個人売買のメリットやデメリット

 

販売店などで売却するのが一般的となった現在でも、個人間の取引は行われています。
個人売買とは、販売店などの仲介業者を介さない売却方法です。
友人に売る、知り合いに売るなども個人売買のひとつですし、特に最近はインターネットの普及に伴い、オークションサイトを利用した個人売買が盛んになってきました。

 

個人売買のメリットは、仲介業者に払う中間マージンや消費税がかからないので、無駄な出費が抑えられるという利点があります。
また、旧車や希少車や改造車など、販売店では買い値がつかない状態の車も、オークション等で募れば買い手がつくこともあります。
一般的に売れないと思われているような車も、その人にとっては十分に価値があるものだからです。
このように、「売りたい側」と「買いたい側」の要求がうまく合致してお互いに満足な結果が得られるというのも個人売買の魅力のひとつといえます。

 

個人売買の場合でも、買取業者などに査定をしてもらって、その車の市場でのおおよその価格を把握しておくことをおすすめします。
友人に売るにせよ、オークションに出品するにせよ、相場を知っているだけでも価格交渉の際に役立ちます。

 

仲介業者を介さないということは、逆に言えば、なにか問題が起きても自分達で全部解決しなければならないということです。
個人売買の当事者は基本的に取引のシロウトなので、販売店などでの売買する場合に比べて、契約に関してトラブルが発生することが多いのも事実です。

 

関連ページ

車のオークションとは
全国で行われている業者のカーオークションについてその仕組みと欠点やメリットについて解説をしています
オークションで売るメリット
代表的な売買方法であるオークションのメリットやトラブルの対処方法を掲載しています
車を早く現金化する
車を売って現金化をするには一括査定が素早く行える理由を掲載しています
下取りと車の購入手続き
車の下取りをしてもらう際に必要な手続きと購入に対する必要書類などをご説明しています
高く売れる車と安い車
車を売るときに高く売れるケースと安くしか売れない車の違いはどこにあるのかを解説しています
中古車オークション代行
一般の人では参加が難しい中古車オークション代行とはどういったものかをご説明しています
中古車オークション代行への参加の流れ
中古車オークション代行にどのようにして参加していくのでしょうか?ここでは参加の流れを解説しています
個人売買と買取専門店どっちがお得?
個人売買ですと値引きなどが無いので高く売れるような気がしますがどうなのでしょうか?買取店との違いをご説明します。