車の購入手続きに必要な書類

 

下取りに出す車も新たに買う車も、印鑑証明書以外の必要な書類は業者から提出されます。
書類には住所と名前を記入し印鑑を押すことになります。
印鑑では実印を押す項目もあります。

 

実印はまず下取りに出す車と買う車に必要になる委任状、次に下取りに出す車が売れると決まった場合に必要になる譲渡証明書に実印を押します。
印鑑証明書は下取りに出す車の名義変更と、購入する車の登録に必要になります。
自賠責証明書を解約する時は、自動車損害賠償責任保険承認請求書に実印を押して、この時に印鑑証明書も必要になります。

 

印鑑証明書は区役所出張所で、コンピュータで気軽に入手できるので早めに準備しましょう。
名義変更を済ませると車検証と登録事項等通知書、抹消登録すると抹消登録証明書や登録事項通知書が発行されます。
車検証とは車検などをする際に大切な書類になります。
内容次第では必要項目が追加されたりする場合もありますので注意が必要になります。
また、登録を消した車の新規登録では、その時に発行される車検証に似た「抹消登録証明書」などが必要になります。

 

抹消登録には一時抹消登録や永久抹消登録、輸出抹消仮登録などがあります。
車の名義変更をした場合などは自賠責証明書契約者の住所も変更しますが、この場合は自賠責証明書と名義変更した際に記入した車検証を持参し、自分の加入している自賠責の損害保険会社に出向き、自動車損害賠償責任保険承認請求書に記入し提出します。
手続きには本人確認の運転免許証なども必要になります。

 

関連ページ

個人売買で車を売る
車を売る方法の一つとして個人売買があります。そのメリットやデメリット、注意しなければいけない点をご説明しています。
車のオークションとは
全国で行われている業者のカーオークションについてその仕組みと欠点やメリットについて解説をしています
オークションで売るメリット
代表的な売買方法であるオークションのメリットやトラブルの対処方法を掲載しています
車を早く現金化する
車を売って現金化をするには一括査定が素早く行える理由を掲載しています
高く売れる車と安い車
車を売るときに高く売れるケースと安くしか売れない車の違いはどこにあるのかを解説しています
中古車オークション代行
一般の人では参加が難しい中古車オークション代行とはどういったものかをご説明しています
中古車オークション代行への参加の流れ
中古車オークション代行にどのようにして参加していくのでしょうか?ここでは参加の流れを解説しています
個人売買と買取専門店どっちがお得?
個人売買ですと値引きなどが無いので高く売れるような気がしますがどうなのでしょうか?買取店との違いをご説明します。