日産車の相場や特徴について掲載

このカテゴリーでは日産社の相場や特徴を掲載しています。

日産キューブの特徴

小型のミニバンとして1998年に登場した日産のキューブは、広く知られるようになったのは2002年の2代目からです。

 

リラックスできる室内空間を持つスクエアボディのコンパクトカーとして、人気の高い車です。

 

立方体を組み合わせたような、それでいて角を落とした四角いデザインに、左右非対称のバックドアやヒューマニックなフロントマスクが特徴的な、個性的なスタイルが多くの若者から支持されました。

 

2003年には、7人乗り3列シートのキューブキュービックが追加されています。

 

2008年11月にフルモデルチェンジが施されたモデルが現行のものです。先代のデザインイメージを踏襲しながら、「サングラスをかけたブルドック」といわれるユニークなスタイルが特徴的です。

 

エンジンは、10・15モード20km/Lまで燃費を向上させた1.5L直4です。これにCVTが組み合わされ、駆動形式はFFと4WDが用意されています。

 

ホイールベースが延長されて、室内は広くなりました。ジャグジーをモチーフにラウンドした曲面で構成されていて、和める空間が感じられます。シートもクッションが厚くソファのような仕上がりで、まるでリビングにいるような心地よさがあります。

 

 

日産車の相場を知ろう記事一覧

日産のキューブは、日産とルノーが共同開発したプラットフォームを使用していて、発売当初から大変な人気となったコンパクトカーです。1998年2月に販売が開始され、2002年に2代目、2008年11月に3代目が販売開始されました。キューブという名の通り、車体の立体的な形や個性や魅力が特徴的で、名前がすべてを表しているようなピッタリの名前が付いた車です。キューブの現行モデルの新車価格は、140万円~190...

日産のセレナは、ミニバン販売台数のトップをひた走る人気のミニバンです。日産は、2012年11月にセレナの特別仕様車「ハイウェイスター エアロモード」を発売しました。セレナは家族のためのミニバンとして、室内空間の広さや使い勝手の良さ、そしてスマートシンプルハイブリッドによる低燃費で高評価を得ています。特別仕様車の「ハイウェイスター エアロモード」は、ダイナミックなエクステリアが人気のハイウェイスター...

日産のセレナは、ミニバンとしてはトップクラスの人気を誇ります。人気の高い車であるため、7,8年落ちのものであっても、100万円近い買取価格となることがあります。現行モデルであれば、中古車市場にも出回っていないため、200万円という高額の買取価格になることもあるようです。しかし、2代目以前のものになると、かなり買取価格も下がってきます。基準として、2000年式以前のものは、10万円以上の買取価格は期...

ノートは、ミニバン風なデザインを持つ日産のコンパクトカーです。プチバン的イメージの濃いコンパクトカーですが、日本に本当に必要なコンパクトカーを感じさせてくれるモデルです。ノートの特徴は、燃費です。ハイブリッド全盛の時代に、ハイブリッドでない車が燃費をいうのは、それだけの数字があるからで、これは注目されることです。ノートの燃費は最高で25.2km/lとなっており、燃費を気にする人にも十分に注目される...

日産のノートは、2005年1月に販売開始となったまだ新しいコンパクトカーです。日産の世界戦略車と位置付けられていますので、日本をはじめヨーロッパでも販売されています。ノートは2005年の発売開始以来、マイナーチェンジはありますがフルモデルチェンジは一度もありませんでしたが、今年の9月に初めてフルモデルチェンジが行われています。そのため、ノートの買取価格はこれからかなり動くことが考えられます。現在ま...

日産ローレルはミドルクラスの乗用車で、日本初のハイオーナーカーとして販売されていました。製造・販売期間は1968年から2002年までと長年愛された名車です。現在は生産終了から時間もたち、ローレルの買取相場は落ち着いた傾向ですが、マニアの中では高値で取引されたり、海外への需要もあるので、高額買取の可能性があります。では、高額買取を引き出すポイントとはなんでしょう?それは、複数の買取業者から見積もりを...

日産レパードは1980年から1999年まで販売された日産自動車の高級セダンです。レパードの買取相場は0~10万円のようです。しかし、中古車価格ですと160万円のものもあるので、年式やグレード、走行距離によっては高額買取の可能性もあります。ではレパードを高く買い取ってくれる買取業者を探すにはどうしたらいいでしょう?それは複数の買取業者に見積もりをお願いし、あなたのレパードを欲しがっている買取業者を探...

ルキノを売りたいと思ったら、気になるのはルキノの買取相場ではないでしょうか?日産ルキノの買取相場は年式や走行距離によっても違いますが、例えば1998年式の走行距離90,000km~100,000kmで1万円です。インターネットで調べると、買取相場が分かります。しかし、市場の変動や中古車買取業者によっては価格は大きく変わります。安く売ってしまわないためにも買取相場を知っておきましょう。では、ルキノの...

ルネッサは日産自動車が1997年から2001年まで販売していたステーションワゴンです。ルネッサの買取相場はインターネットで調べると0円~10万円くらいです。生産終了時には販売不振というマイナス要因もあり、現在の中古車市場でも安値で取引される傾向にもありますが、例えば海外にパーツを販売するルートを持つような買取業者であれば高く買い取ってくれる可能性があります。では、どうやれば高く買い取ってくれる業者...

リベルタビラは日産自動車より1982年から1990年まで製造・販売していた車です。リベルタビラの買取相場を調べると、生産終了から年数が経過していることもあり、あまりはっきりした価格は分かりません。ただし、年数が経過しているからといっても高く売る手段がないわけではありません。リベルタビラを少しでも高く買い取ってもらうには、なるべく多くの車買取業者に査定依頼をするようにしましょう。現在、リベルタビラは...

今お乗りの日産リバティを売却したい、買い替えたい、と思った場合、気になるのはリバティの買取相場ですよね。リバティの買取相場を調べるなら、例えば『みんカラ下取相場』のような買取相場を調べるサイトで検索してみるのも一つの手段です。しかし、買取相場は平均的な価格です。参考価格2001年 Gナビパッケージ(CVT) 3万円1998年 不明 1万円1999年 不明 9万円それぞれの年式や走行距離、傷の有無な...

オッティは日産自動車が2005年から2013年まで販売していた軽セミトールワゴンです。後継者は日産ディズです。オッティの売却を考えている方は気になるのは買取相場ですよね。オッティは販売終了からまだ期間もたっておらず、室内空間の広さや燃費性能のよさ、また近年の軽自動車人気から、比較的高値で取引されているようです。参考価格2008年 Rider ターボ_4WD(AT_0.66) 3万円2006年 該当...

日産セドリックには、後部にものを乗せたりして有効的に使えるバンタイプがあります。80年代に人気が高かった車で、セドリックは、5ナンバー車ですから、座席もゆったりと広くて、後部のフォルムは、シンプルな四角さが人気を集めているようです。セドリックといえば、若い人よりは、大人の男性が好んで乗りたい車ですが、セドリックバンは、仕事で荷物を運んだり休日には、家族でカーライフを楽しむには、最適な車ですから、ず...

1960年~2004年の国産トップクラスのセダンといえば、日産セドリックとグロリアだと言えます。世界的に高いレベルの人気車セドリックですが、フォルムが直線的で品格を漂わせているので、若い人というよりは、30歳から40歳以上の大人の男性が乗るのにふさわしい落ち着き感があって、ステイタス性も高い車ですから、一度はマイカーとして乗って見たくなるのです。でも45年間も愛され続けたセドリックですが、今乗りた...

ワゴン車で人気のあるのが日産ステージアで、ワゴンでも外装が魅力的なフォルムをしています。フロントマスクは個性的な造りとなっていて、リアーはボリューム感を漂わせているので、ボディスタイルは長年乗っていても飽きを感じさせないのです。難点がいくつかあって、リッター約6キロメートルしか走らなくて、燃費が良くないのですが、ワゴン車としてのパワーは十分です。でも総合的には、評価の高い車ですので、中古車として買...

日産サニーは、気軽に乗れるファミリーカーとしての地位を確保してきていますが、日産スタンザという車種も同じように久しまれてきたのでした。車種としての位置づけは、バイオレットとオースターの姉妹車となっています。でも、姉妹車と言っても車内と車外は、豪華な造りを備えているので、高級車と呼ぶにふさわしいのです。セドリックやグロリア並みの高級感があるので、スタンザとは小さいながらも高級感たっぷりの車と言えます...

あの名車日産スカイラインには、ワゴンタイプがあって、荷物を運んだりできるので、人気車に乗りたいけど仕事にも使えるタイプの車を求めている方は、飛びつきたい車となってきたのでした。勿論車のパワーは、セダンと全く同じですから、ロードでの走りには最高に楽しめるものです。さらにワゴン車として後部車輪周りには、負荷が掛かってくるので、十分に耐えられるように、リアにはマルチリンクサスペンションを採用しているのも...

ホーミーは日産が吸収合併したプリンス自動車より引き継いだ車種で、現行のキャラバンなどの原型となった車種です。中でもホーミーコーチは4代目に当たり、1986年のフルモデルチェンジで登場した車です。最終的に、1999年キャラバンに吸収される形で生産が終了したホーミーですが、日本のバンの先駆け的存在であったのは間違いないでしょう。ホーミーの中でもコーチを手放そうと考えている場合、買取相場が気になるところ...

日産の女性向けハードトップとして売り出していたのがプレセアです。2000年に生産が終了したものの、女性らしいフォルムに、走りを楽しめる作りから、人気の出た車種でした。日本のみならず香港やマレーシアなど、東南アジアでも数多く販売されました。桐島かれんさんが出ていた見返り美人のCMを覚えている人もいるかもしれませんね。そんなプレセアを買取ってもらう場合の買取相場は数万円程度で買い取ってもらえれば、上出...

日産の高級セダンの位置づけを確固たるものとしていたプレジデント。残念ながら2010年に生産が終了しましたが、1965年から45年というロングセラーを記録した車です。初代のプレジデントは、まさにその名の通り高級感に溢れ、重厚で迫力のある外観が特徴的でした。当時300万円という価格設定も、まさにプレジデントレベルと言っても良いでしょう。年式 グレード 査定額2001年 不明 0万円2004年 ソブリン...

日産のロングセラーブランドともいえるブルーバード。ブルーバードシルフィが後を受け継いだ形でしたが、残念ながら2012年にブルーバードの名前は消滅してしまいました。年式 グレード 査定額2006年 不明 15万円2006年 不明 21万円2008年 該当なし 20万円そのブルーバードの中でも、人気の車種であったのがブルーバードバンですね。強面な外観に直線的なラインは、海外の車をも彷彿とさせるイメージ...

1980年後半に発売が始まった、プレーリージョイはスライドドアの搭載は無いものの、後部座席を倒して車内を広く使える、ミニバンの地位を確立したような車種の一つです。すこし前のファミリーカーといった印象ですね。新しくなく古すぎない、外観も近代の車に近く、近すぎるために古臭いと印象を持ちやすい為、中古車市場でも人気は高くありません。外観に特筆するような魅力がないために、この世代の中古車は安価で取引される...

プレサージュと言えば日産で一時代を築いたミニバンの一つです。1998年の発売当初は、オデッセイなどの人気車種に対抗する形で設計されミニバンクルーザーとして売り出されたが、思いのほか販売台数は伸び悩んだのが現実でした。しかし、その後時代の流れに沿うかたちで、ミニバン人気に乗り2003年のモデルチェンジと共に、販売台数を伸ばしさらに海外にも積極的に輸出されました。2009年に生産が終了したため、中古車...