車を売る時の書類の書き方

 

車を売る際にはさまざまな書類手続きが必要になります。
普通自動車や小型自動車を売る場合には名義変更をしなければいけません。

 

この手続きは道路運送車両第13条により、15日以内の名義変更が義務づけられています。
名義変更をしなければ、万一に新たに車を購入した人が事故などのアクシデントを発生した場合は、保険などの手続きで問題が発生しかねません。
ですから、必ずこの手続きは必要になります。

 

書類には自動車検査証、車庫証明書、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑証明書、譲渡証明書、住民票、などがあります。
自動車検査証は車の車検に通った際に交付される証明書のことで、走る際には必ず所持していなければいけません。

 

車庫証明書は自動車の保管場所証明書です。
自賠責保険証は車を走らせる時に加入しなければいけない保険です。
これに加入しなければまず、車は運転できません。

 

次に自動車納税証明書は運輸局に登録されている車の所有者に課税される自動車税を納付した証明書になります。
また、譲渡証明書は車を譲渡する際に必要で、個人で売買する場合は運輸局で取得できます。
中古販売業者などを介する場合は、業者側で準備してくれます。

 

他は車関連だけの書類ではありませんが、車を売る際には関連して手続きするものです。
住民票は本人を確認するもので、結婚などで名字が変わった場合などに車検証の変更をしていない場合は戸籍抄本が必要です。
印鑑証明書は譲渡証明書に捺印する場合は、実印が必要でその印鑑が本物であることを証明するものになります。

 

関連ページ

注意点を知っておこう
車を売る際にどのような点に注意して手続きを行えばよいのかを解説しています
契約から引き渡しの流れ
基本的な契約から引き渡しまでの流れやご注意点を掲載しています
名義変更について
車を売る手続きの中に名義変更があります。その流れと注意ポイントをご説明しています。
交渉の仕方
車を売る際にはやみくもに交渉しないで交渉の進め方や仕方を覚えておくと良いでしょう
売った後の税金還付について
中古車を売った後に支払った税金が還付される事があります。その時期やどれくらいの税金が実際に還付されるのかを説明しています。