名義変更は確実に行わなければいけない

 

書類を一通り揃えたら、次は名義変更の手続きに入ります。
名義変更については「道路運送車両法」によって定められています。

 

ディーラーや買取専門店に売却した場合、これらの手続きはすべて店側でやってくれるのですが、個人売買の場合は書類の用意から名義変更手続きまですべて自分たちで行う必要があります。
専門家や業者に依頼することもできますが、数万円はかかるといわれていますので、無駄な出費を抑えたい方は自分で手続きをした方が得だといえます。

 

名義変更は、新所有者の使用の本拠地を管轄する陸運局で行います。
旧所有者(売り主)と新所有者(買い主)が二人で申請に行くことがベストですが、一緒に行けない場合はそれぞれの委任状が必要になります。
なお、委任状は国交省のHPから取得できます。

 

書類が揃ったら陸運局に行きます。
陸運局の売店で申請用紙一式と登録印紙を購入します。
この申請用紙への記入は時間がかかるので、できれば事前に書類を手に入れて記入・作成しておくといいでしょう。
書類が完成したら、窓口に提出します。

 

次に税事務所で自動車税等の申告と納付をします。
税事務所は陸運局と隣接していますので同時に行いましょう。

 

名義変更の手続きは基本的に新所有者(買い主)の義務とされており、旧所有者(売り主)は必要書類を準備して送付すれば役目は終了するのですが、その後に新車購入する場合にも名義変更等が必要になるので、その際の手順など知っておくといいでしょう。

 

関連ページ

注意点を知っておこう
車を売る際にどのような点に注意して手続きを行えばよいのかを解説しています
契約から引き渡しの流れ
基本的な契約から引き渡しまでの流れやご注意点を掲載しています
書類の書き方
車を売る時の書類の書き方はどうすれば良いのでしょうか?また様々な書類があるので覚えておきましょう
交渉の仕方
車を売る際にはやみくもに交渉しないで交渉の進め方や仕方を覚えておくと良いでしょう
売った後の税金還付について
中古車を売った後に支払った税金が還付される事があります。その時期やどれくらいの税金が実際に還付されるのかを説明しています。