買い替えの良い時期はいつか

 

車を買い替えるにはいつがよいのか。
車には2年に一度、車検がありますがこの車検の時期が一つの目安になります。
新車を購入した場合は車検は1回目が3年、2回目の車検が5年、3回目が7年となります。

 

まず1回目での車検での買い替えはあまりメリットがありません。
車両価格だけで査定額が新車購入時期の半額程度になってしまいますし、購入時にかかった経費や税金などを考慮するとあまり得をする買い替えにはなりません。
ただ、まだ車自体は新しいので修理費用等がかからないことから査定額がその分は高いということもあります。
また、人気車なら高く売れる可能性も多いですね。

 

では車検2回目の5年はどうでしょうか。
この時期も買い取り価格は新車購入時の半値はつきます。
次の3回目はどうでしょうか。
この7年では車の買い取り価格が大きく下がってしまいます。
ですから、売るタイミングとしては2回目の車検の時期が妥当ということになります。
走行距離を見ても普通車の平均走行距離は1年で1万キロといわれますが、査定額は5万キロを超えると大きく下がりますので、やはり車検2回目が時期としてはベストになりますね。

 

車検自体も回を重ねていくごとに何かと費用がかかってきますから、いつか買い替えたいと考えている人は、早めに決断することもよい買い替えにつながります。
インターネットの一括無料査定サイトを活用して金額を査定してもらうのも、損をしない買い替えの手段といえます。

 

 

失敗しない手続き記事一覧

車を売る際に注意しなければいけないことは、まず「整備点検記録簿」があるかどうかです。この記録簿は日本車にとっては保証書のようなもので、正確にメンテナンスが行われているかいないかの確認など、査定する側にとっても大切な記録になります。この「整備点検記録簿」には「定期点検整備記録簿」があります。この記録簿は12カ月点検や24カ月点検のもので、自分で車検を受ける場合は車の購入時に付いてくる記録簿を使用する...

お互いに売却金額に納得がいけば、売買契約の成立となります。契約書作成の際には、契約書の内容をしっかり読むことです。中には悪質な業者もいるので、どんな契約を結ばれてしまうかわかりません。契約書にかかれていることが契約の内容となるので、何が書かれているか全部読み、わからない点はしっかりと確認することが大切です。内容を確認したうえで、契約書に署名・捺印をします。あとは、車を現実に引き渡せば売却は終了しま...

車を売る際にはさまざまな書類手続きが必要になります。普通自動車や小型自動車を売る場合には名義変更をしなければいけません。この手続きは道路運送車両第13条により、15日以内の名義変更が義務づけられています。名義変更をしなければ、万一に新たに車を購入した人が事故などのアクシデントを発生した場合は、保険などの手続きで問題が発生しかねません。ですから、必ずこの手続きは必要になります。書類には自動車検査証、...

書類を一通り揃えたら、次は名義変更の手続きに入ります。名義変更については「道路運送車両法」によって定められています。ディーラーや買取専門店に売却した場合、これらの手続きはすべて店側でやってくれるのですが、個人売買の場合は書類の用意から名義変更手続きまですべて自分たちで行う必要があります。専門家や業者に依頼することもできますが、数万円はかかるといわれていますので、無駄な出費を抑えたい方は自分で手続き...

車の買い取りでは交渉方法が大切で、方法次第では想定額よりも10万円単位で安くなってしまうケースも多々あります。まず、自分が売ろうと考えている車がどれ位の価格で販売されているのかをチェックしておきましょう。ある程度、提示される価格を把握できているということになりますので、買い取り業者からの提示額が適当かどうかを判断することができます。インターネットでは無料一括査定を利用できますし、一つではありません...

所有している車を売却するにあたり、自動車税の還付がある事をご存じでしょうか?私は恥ずかしながら全く知りませんでした。自動車税は4月1日の時点でその車の所有者が支払うという国で定められた決まりがあります。その車の自動車税は、一年分を一度に支払うことになっていますよね。ですがその車を手放す際には自動車税を月割りにして、所有者に戻ってくるという決まりがあります。売却が決まると所有者はあなたからその売却を...