車の保険で安心を手に入れる

 

車と保険は切っても切り離せないという程に大事なものです。
例えば、交通事故で他人を死傷させた場合は、傷害致死などの殺人の罪に対する刑事上の責任、相手に与えた損害を賠償する民事上の責任、運転免許の停止などの行政上の責任が課せられます。
このようなアクシデントに合わないように自動車保険に加入します。
ですから、保険に加入すれば万一の事故に遭遇しても、相手や自分の怪我の治療費や車の修理代金を保険会社が支払うことになります。

 

また、保険には強制的に契約締結が決められている自賠責保険と、個人で加入するかどうかを決められる任意保険があります。
人身事故を起こした場合には、自賠責保険が適用されることになりますので、任意保険は自賠責保険の上乗せとして適用されることになります。

 

自賠責保険の保険料は政府の事業ですので、どこの損害保険会社や全労済などで加盟しても金額は同じ額になります。
自家用自動車は1年間で1万3850円となります。
保険金は支払い限度額3000万円の範囲内で葬儀費用や、被害者本人および遺族への慰謝料が支払われることになります。

 

任意保険には対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、人身傷害補償保険などがあります。
この中で対人賠償責任保険は自動車事故により、歩行者や乗車中の人などを死傷させて、法律上の損害賠償責任が課せられた場合に、自賠責保険で支払われる金額を超えた場合に追加で支払われる保険です。

 

関連ページ

中古自動車と車両保険
自分を守るために必要な車両保険についてご説明をしています
車売却時に自動車税の払い忘れ
車を売却する時にうっかりと自動車税の払い忘れがあります。その場合、どうなるのかをご説明いたします。