車売却時に自動車税の払い忘れと対処方法

車売却時に自動車税の払い忘れをした場合、どうなるのでしょう?

 

自動車税を払ったことを証明するのが自動車税納税証明書で、これは自動車税を納めている事を証明するための書類で、自動車税の払い忘れがあると売却できないことになっています。
自動車税納税証明書というのは車売却時に必須の書類です。
そのため、自動車税を払い忘れてしまっていたような場合、車を売却することはできません。

 

自動車税は、毎年4月1日現在に登録されている所有者に課される税金で、4月下旬~5月上旬に自動車税納税書が送られてきて、5月末までに納めないといけません。
車売却時には、重要な書類で、新たなオーナーに名義変更するためには、必ず必要なものです、自動車税の払い忘れがあるということは、自動車税を滞納しているのと同じなので、結果、名義変更ができないことになり、売却不可能となります。

車売却時に自動車税の払い忘れがあるような場合、売却はできないという結論になります。

自動車税を滞納している場合は、すぐに納付を済ませ、その後、査定を受け、売却の手続きを取るようにしないといけません。
いずれにせよ、自動車税は必ず納めなければならないものです。


関連ページ

車の保険
安心して運転を行えるように保険の事についても知っておきましょう
中古自動車と車両保険
自分を守るために必要な車両保険についてご説明をしています