車検が多く残っていると高く買取される?

車に乗っていれば必ず発生してしまう支払いとして車検があります。
新車購入時は3年後、それ以外は2年に1度車検を取得しなければならず、その費用は10~20万円とかなり高額になってしまいます。

 

車を売る好条件として、車検が多く残っている車があります。
車を購入する側からすれば、もし車検がもう数ヶ月で中古車を購入すればまた車検を取らなければいけないとなると、その分を考えて購入するものです。
例えば100万円の車なら、110~120万円はかかってしまうのだと判断するでしょう。
時には車検が残っていないというだけで敬遠されてしまうこともあるのです。
逆に車検が残っている車は、車検を改めて取得することがありませんので、それだけで人気が出るのです。

 

では、どれくらいの車検が残っていれば人気なのかというと、一概には言えませんが1年以上あれば車検を気にせずに乗れるでしょうから、最低半年以上の車検、1年以上あれば車売る時の買取額が高くなるかもしれません。
逆に車売る時に次の車検まで半年を切った車だと、中古車販売店からするとすぐに売れるわけではないため、結局車が売れた時には車検が少なくなってしまうことが予想されますから査定額は厳しくなってくるでしょう。
ましてや車検が切れてしまった車だと、そのまま車を引き取って乗っていく訳にはいかないので、レッカー車で運ばなければいけない等他の費用もかかってしまうのです。
そのため、せめて車検が切れる前に売るといいでしょう。

関連ページ

年式が新しい車は高く売れる?
車が高く売れる好条件のひとつとしてある、年式が新しい車が本当に高く売れるのかを解説しています。
燃費がいいと高く売れる?
エコカーのような燃費が良い車は本当に高く売れるのでしょうか?実際にはどうなのかをご説明しています。
走行距離が少ない車は高く売れる?
走行距離が少ない車がなぜ高く売れるか、その理由を説明しています。ひとつのポイントとして知っておきましょう。
灰皿がない禁煙車はどう?
禁煙する人が増えて禁煙車が評価されてきています。灰皿が無いような車は高く売れるのでしょうか?
人気のボディーカラーはやっぱり好条件
車を売る場合によく言われるボディーカラー。その上手なボディーカラーの選び方をご説明しています。
整備記録があると高く売れるのか?
車を大切に乗っていたあかしとなる整備記録。シッカリと記帳されているかいないかで売却価格に違いは出てくるのでしょうか?