燃費がいい車は高く売れるの?

車を売る場合の好条件のポイントとしては、燃費がいい車、エコカーがあります。
原油価格の高騰により、今のガソリン代は軒並み1リットルあたり150円代、時には160円になることもあります。
また消費税が8%にアップしたことでさらに5~6円程度ガソリン代がアップしている状況です。
20年ほど前と比べると、実に1リットル当たり50~70円ほど高くなっているのです。
1回の給油で換算すると2,000円近くもアップしています。
それでいて長引く不況のため給与が上がらず、消費税アップはガソリン代だけでなく家計に大きくのしかかってくるものとなっています。
しかも、燃費の悪い車、例えば燃費が10㎞/Lの車と20㎞/Lの車を比較したら、単純に倍以上違ってくるのです。
1ヶ月にガソリン代が2万円かかる人であれば、燃費のいい車に乗れば1万円で済むのです。
今は燃費が30㎞/L以上という車もありますからそうなるとガソリン代は3分の1で済むのです。
そのため、同じ車を購入するのであればできるだけ燃費がいい車に乗りたいという方が多いのです。
もちろん、購入価格も比較的高くなってしまいますが、それでも数年間乗り続けた場合のガソリン代を考えると確実にお得になるという訳です。
それを狙う人が多く、今は燃費がいい車は高く買い取ってもらえる可能性があるのです。

 

また、中古車であっても基準を満たしているエコカーならエコカー減税により取得税の軽減もあります。
高額ではないとはいえ、やはりこういった特典がある車は売る時に高く買い取ってもらえる可能性があるのです。

関連ページ

年式が新しい車は高く売れる?
車が高く売れる好条件のひとつとしてある、年式が新しい車が本当に高く売れるのかを解説しています。
走行距離が少ない車は高く売れる?
走行距離が少ない車がなぜ高く売れるか、その理由を説明しています。ひとつのポイントとして知っておきましょう。
灰皿がない禁煙車はどう?
禁煙する人が増えて禁煙車が評価されてきています。灰皿が無いような車は高く売れるのでしょうか?
人気のボディーカラーはやっぱり好条件
車を売る場合によく言われるボディーカラー。その上手なボディーカラーの選び方をご説明しています。
整備記録があると高く売れるのか?
車を大切に乗っていたあかしとなる整備記録。シッカリと記帳されているかいないかで売却価格に違いは出てくるのでしょうか?
車検が多く残っていると高評価になる?
購入する人にとっては車検が多く残っていると費用が抑えられて良いでしょう。では、その車検の残存期間が長い場合は高く売れるのでしょうか?