灰皿がない禁煙車は高く売れる

今は禁煙、分煙がどこの職場や公共交通機関に乗っても言われていることです。
地域によっては歩きタバコすら禁止されているところもあります。
そのため、どこへ行ってもタバコを吸う方は毛嫌いされてしまう時代になりました。
これはなにも私生活だけでなく車売る場合にも関係してくることなのです。

 

実は車内でタバコを吸っていた車は買取価格が低くなってしまうのです。
逆を言えば車売る時の好条件の一つとして禁煙車があるのです。
タバコを吸う人は分からないかもしれませんが、敏感な人、特にタバコを毛嫌いしている女性などはかなり臭いに敏感で、今タバコを吸っていなくても車に乗った瞬間に「タバコ臭い」と感じてしまうものなのです。

 

じゃあ、車の買取価格に響いてくるなら実際はタバコを吸っていたけれども吸っていない、禁煙車という事で売ればいいのでは?と思うかもしれません。
ですが、前述のように車内でタバコを吸っていた車というのはやはり臭いが残ってしまうもので、バレてしまいます。
ただ、それでもヘビースモーカーでなく、売る時に消臭スプレーをしたり室内清掃をすればタバコのにおいも消すことができるかもしれません。
ですが、確かにタバコの臭いがしないというだけでマイナス査定は免れるかもしれませんが、禁煙車という事にはならないでしょう。
それはたとえ車内でタバコを一度も吸った事がなくてもなのです。
証明するものが自己申告だけですので信憑性にかけてしまうのです。
最近は新車購入時に灰皿が付いていない車があります。
まさにこれだと売る時に高評価になるのです。

関連ページ

年式が新しい車は高く売れる?
車が高く売れる好条件のひとつとしてある、年式が新しい車が本当に高く売れるのかを解説しています。
燃費がいいと高く売れる?
エコカーのような燃費が良い車は本当に高く売れるのでしょうか?実際にはどうなのかをご説明しています。
走行距離が少ない車は高く売れる?
走行距離が少ない車がなぜ高く売れるか、その理由を説明しています。ひとつのポイントとして知っておきましょう。
人気のボディーカラーはやっぱり好条件
車を売る場合によく言われるボディーカラー。その上手なボディーカラーの選び方をご説明しています。
整備記録があると高く売れるのか?
車を大切に乗っていたあかしとなる整備記録。シッカリと記帳されているかいないかで売却価格に違いは出てくるのでしょうか?
車検が多く残っていると高評価になる?
購入する人にとっては車検が多く残っていると費用が抑えられて良いでしょう。では、その車検の残存期間が長い場合は高く売れるのでしょうか?