整備記録があるとないかの違い

車売る場合、必ず中古車販売店や買取業者、ディーラーなどの査定員がその車の状態をチェックします。
その際仮に事故を起こしたような痕がある、もしくは修理したような痕がある、という場合状態によってはマイナス査定になってしまう可能性があります。
それは、事故車でないのは分かるものの、どれくらいの事故を起こしたのかというのが分からないためです。
分からないのに買取額をアップする事はありません。

 

ですが、そんな時に整備記録、修理記録等が残っていれば、「この程度の事故なら、修理をされていれば問題ない」と判断してくれる可能性もあるのです。
また、査定員がエンジンの調子、音などにちょっと不安な点があったとします。
そんな時も整備記録がしっかり残っており、定期的に点検を受けている、オイル交換もまめにおこなっているという証拠があれば、この音は勘違いだなと査定に響かない事があるのです。

 

また、査定員が車を査定する場合には、私情は挟まない事が原則ですが、そうはいうものの査定員も人間ですので、やはりちょっとした感情で査定が変わってくることもあるのです。
例えば、最初に整備記録を見せて定期的に点検・オイル交換もしている、ということが分かれば、査定の前に「この所有者は車を大事に乗っている人だな」と感じることでしょう。
もしかすると、ちょっとしたポイントで「これぐらいはマイナス査定にするくらいではないだろう、しっかり整備されているのだから」となることもあるかもしれません。

関連ページ

年式が新しい車は高く売れる?
車が高く売れる好条件のひとつとしてある、年式が新しい車が本当に高く売れるのかを解説しています。
燃費がいいと高く売れる?
エコカーのような燃費が良い車は本当に高く売れるのでしょうか?実際にはどうなのかをご説明しています。
走行距離が少ない車は高く売れる?
走行距離が少ない車がなぜ高く売れるか、その理由を説明しています。ひとつのポイントとして知っておきましょう。
灰皿がない禁煙車はどう?
禁煙する人が増えて禁煙車が評価されてきています。灰皿が無いような車は高く売れるのでしょうか?
人気のボディーカラーはやっぱり好条件
車を売る場合によく言われるボディーカラー。その上手なボディーカラーの選び方をご説明しています。
車検が多く残っていると高評価になる?
購入する人にとっては車検が多く残っていると費用が抑えられて良いでしょう。では、その車検の残存期間が長い場合は高く売れるのでしょうか?