年式が新しい車は高く売れるのか?

車売る際の好条件のポイントとしては、年式が比較的新しいという事があります。
中古車の購入を考えている人にとってみれば、本当は新車が欲しいけど予算の都合上、中古車になってしまうという方がほとんどです。
そのため新車は買えないけど、少しでも年式が新しいのがいいと思う方も多いのです。
実際に新車で購入して数ヶ月で手放してしまったという場合、車の状態はほとんど新品と変わらないかもしれません。
それなのに新車で購入する価格よりも数十万円も安く購入できるのですから、そちらを狙った方がいいと考える方も多いのです。
また、買う側から見れば年式が新しければ新しいほど車の不具合が少ないのですから、中古車のデメリットでもある「当たり外れがある」というリスクが少なくなるのです。

 

ただ、年式が新しいということはもちろんですが、場合によってはその年にモデルチェンジが行われることがあります。
たとえ同じ車種で同じ年式だとしても、モデルチェンジの前と後ではまるっきり評価は変わってきます。
よほどのことがない限り同じグレードの車であればモデルチェンジ後の車の方が高く買い取りしてもらえます。

 

もし、年末年始に車を購入するという場合、年内中に購入すれば、たとえ1ヶ月程度しか購入日が違わなくても1年新しい車というイメージになります。
新年の初売りで購入した方がいろいろとサービスがつくというメリットもありますし、後々車売るということを考えれば年明けに購入するというのも一つの方法かもしれません。

関連ページ

燃費がいいと高く売れる?
エコカーのような燃費が良い車は本当に高く売れるのでしょうか?実際にはどうなのかをご説明しています。
走行距離が少ない車は高く売れる?
走行距離が少ない車がなぜ高く売れるか、その理由を説明しています。ひとつのポイントとして知っておきましょう。
灰皿がない禁煙車はどう?
禁煙する人が増えて禁煙車が評価されてきています。灰皿が無いような車は高く売れるのでしょうか?
人気のボディーカラーはやっぱり好条件
車を売る場合によく言われるボディーカラー。その上手なボディーカラーの選び方をご説明しています。
整備記録があると高く売れるのか?
車を大切に乗っていたあかしとなる整備記録。シッカリと記帳されているかいないかで売却価格に違いは出てくるのでしょうか?
車検が多く残っていると高評価になる?
購入する人にとっては車検が多く残っていると費用が抑えられて良いでしょう。では、その車検の残存期間が長い場合は高く売れるのでしょうか?