人気のボディーカラーの選び方

同じメーカー、同じ車種、同じ年式、そして走行距離まで同じでも車売る時の買取額に差が出てしまうポイントがあります。
それがボディーカラーです。
実は全く同じものでもボディーカラーが違うだけで買取額が大幅に異なり、時には数十万円も変わってしまう事もあるのです。

 

ではどのボディーカラーが高く買い取ってくれるのか、というと実は一概には言えないのです。
それは人気のボディーカラーというのはその車種によって違ってくるからなのです。
例えば年配の方に人気があるような車であれば、汚れもあまり目立たないシルバー系の人気があります。
ですが同じシルバー系でも、若者に人気があるスポーツカータイプなどはおじさん臭いという理由から不人気となり買取額が下げられてしまう事があるのです。
無難なのは白か黒なのですが、やはりそれも車種によって違ってきます。
また、傾向として車売る場合の査定額が低くなりがちのボディーカラーが原色系です。
レッドやブルー、イエローなどといった車は好みが分かれるところで一般受けはしないので査定額が低くなってしまうのです。

 

じゃあ、人気のボディーカラーに全塗装すればいいのでは?と考える方もいますが、全塗装をしても元々の色は車検症などに記載されていますし、元々のボディーカラーの色とはやはり違ってくるものです。
そのため逆に塗装をせずにそのまま売ってしまった方が高いかもしれないのです。
また、たとえプラスされたとしても全塗装を綺麗に施すには数十万円かかります。
その費用を考えたら、単純にマイナス査定された方がいいのです。

関連ページ

年式が新しい車は高く売れる?
車が高く売れる好条件のひとつとしてある、年式が新しい車が本当に高く売れるのかを解説しています。
燃費がいいと高く売れる?
エコカーのような燃費が良い車は本当に高く売れるのでしょうか?実際にはどうなのかをご説明しています。
走行距離が少ない車は高く売れる?
走行距離が少ない車がなぜ高く売れるか、その理由を説明しています。ひとつのポイントとして知っておきましょう。
灰皿がない禁煙車はどう?
禁煙する人が増えて禁煙車が評価されてきています。灰皿が無いような車は高く売れるのでしょうか?
整備記録があると高く売れるのか?
車を大切に乗っていたあかしとなる整備記録。シッカリと記帳されているかいないかで売却価格に違いは出てくるのでしょうか?
車検が多く残っていると高評価になる?
購入する人にとっては車検が多く残っていると費用が抑えられて良いでしょう。では、その車検の残存期間が長い場合は高く売れるのでしょうか?