車検切れの車を売る際の流れ

 

車検とは正式には「自動車検査登録制度」といい、自動車が保安基準を満たしているかを定期的にチェックすることと、それぞれの車の持ち主(所有権)をあきらかにするという二つの機能を有した制度です。

 

車検の切れた場合、継続して使用するには車検を通すしかありません。
車検の切れた状態で車を運転すると、道路運送車両法で6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金や免許の停止などの処罰の対象となります。

 

しかし、車検を通すにはけっこうなお金がかかります。
そのため、自宅に放置したままになっていたり、廃車にしてしまおうと考える人も多いようです。
しかし、廃車にするにしてもお金はかかります。
買取専門店に査定依頼してみると、車検の切れた車にも査定はつくことがあります。
出張査定で自宅まで来てもらえば車を動かす必要もありません。

 

自分で店舗に車を持ち込みたい場合は「仮ナンバー」という制度があります。
仮ナンバーは、車を移動させる当日かその前日に、市区町村の役所か陸運局に申請して取得します。
その際、自賠責保険の有効期限が残っている必要があります。
仮ナンバーの有効期限は1日~3日と短く、加えて、事前に記載した移動経路以外のルートは通行できないなどの制約がありますので注意してください。

 

買い替えを考えている場合は、やはり車検の切れる前に売却した方がいいでしょう。

 

一般的には車検が切れた車の査定額は下がるといわれていますが、実際はケースバイケースのようです。
車検にかかる費用の方が売却した場合より高くなってしまうこともあるからです。

 

関連ページ

アメリカ車など輸入車
日本の市場でアメリカ車やドイツ車などの輸入車は売れるのでしょうか?その傾向と理由を掲載しています
ローンが残っている車
ローンで購入した車は残債があるときには売れるのだろうか?またその時にはどのような手続きが必要なのかを解説しています
エコカー減税と買い替え
エコカーなどの次世代自動車を購入したり買い替えをする時に税率や減税措置はどのようになっているのでしょうか
福祉車両減税と買い替え
福祉車両減の税はどのようになっていて買い替えを行うことによって重要な点について記載しています
本人名義でない車の売却
もしも本人名義ではない車を売ると聞いたら売れると思いますか?こういったケースの売却方法をご説明しています
事故車・水没車の売却
事故車や水没車は売れないと思っていませんか?そういった車でも売れる方法や利用価値について掲載しています
新車に買い替えを前提としている場合
新車に買い替えを考えている場合でも、買取専門店に出した方が良いのでしょうか?その際に下取りのメリットとはなんでしょうか?
SUVはどうして高く売れるの?
SUVは燃費が悪いのに非常に高く売れている車種のひとつです。その背景にある事柄を説明しています