ローンが残っている車は売れるか

 

ローンで自動車を購入した場合は、車の所有権が自動車販売業者にあったり、自動車ローン会社にあるなど他人が所有している場合は、自動車の名義変更を行うことはできません。

 

自分に所有権があるかどうかを確認するには、車検証の所有者欄で確認し、自分の名前が記入されていれば、所有権は自分であり所有者は本人となりますが、基本的には自動車ローンの支払いが終了していなければ、所有権解除はできません。
ただ、業者によってはうまく残りのローン支払い分を処理してくれる所も全くないということでもありませんので、一括査定などで調べてみる価値はあります。

 

また、自動車ローンを組んだまま事故などを起こし、廃車手続きをしなければいけないような状況になった場合は、所有権が本人でない場合も廃車手続きは行えないということになります。
ここで重要になってくるのが自動車保険で、加入している場合はその保険金で支払うことができます。
でも加入していない場合は廃車手続きは、ローン支払いを終了させてからということになります。
ただし、ここでも例外処置が全くないということではなく、事故車買い取り会社に相談してみるのも一つの手段になります。

 

やはり車を売る場合にローンがある場合は、完済してから売るのがスムーズにいくようですが、万一の急な事故の場合でも対応できるように保険加入などで、あらゆる状況に対応できるように備えておくことは、車を乗る上での大切なマナーといえます。

 

関連ページ

アメリカ車など輸入車
日本の市場でアメリカ車やドイツ車などの輸入車は売れるのでしょうか?その傾向と理由を掲載しています
エコカー減税と買い替え
エコカーなどの次世代自動車を購入したり買い替えをする時に税率や減税措置はどのようになっているのでしょうか
福祉車両減税と買い替え
福祉車両減の税はどのようになっていて買い替えを行うことによって重要な点について記載しています
本人名義でない車の売却
もしも本人名義ではない車を売ると聞いたら売れると思いますか?こういったケースの売却方法をご説明しています
事故車・水没車の売却
事故車や水没車は売れないと思っていませんか?そういった車でも売れる方法や利用価値について掲載しています
車検切れの車の売却
車検切れの車を売る時の手続きの仕方や流れについてご説明しています
新車に買い替えを前提としている場合
新車に買い替えを考えている場合でも、買取専門店に出した方が良いのでしょうか?その際に下取りのメリットとはなんでしょうか?
SUVはどうして高く売れるの?
SUVは燃費が悪いのに非常に高く売れている車種のひとつです。その背景にある事柄を説明しています