走行距離が多い車の線引きはどの程度

いくら年式が新しい車でも、走行距離が多いとどうしても査定額はマイナスになってしまいます。
特に日本では走行距離は非常に気にする人が多く、走行距離が多いというだけで購入を敬遠してしまう人が多いのです。
そのため、走行距離が多くなればなるほど売れなくなってしまいますので買取額も低くなってしまうのです。

 

実際日本では走行距離が10万㎞を超えると故障が多くなってくるので、購入を控えたほうがいいという噂が広まっています。
もちろん、走行距離が多くなればなるほど消耗してしまいますから、故障のリスクは高くなっていくのは間違いありません。
では、走行距離が10万㎞を超えた車はもう売れないのか、買取してもらえないのか、というとそれは業者にもよります。
買取業者やディーラーによってはほとんど査定額がないというところも少なからずあります。
ただ、本当に10万㎞を超えると壊れてくるのか、というと今の日本車は非常に性能がいいため、10万㎞を超えたくらいではそうそうすぐに壊れるというものではありません。
20万㎞を超えても問題なく走れる車がほとんどですし、しっかり整備していれば30万㎞も問題なく走れる車もあります。
それなのに日本では売れないのです。

 

ただ、日本では走行距離のせいで売れない車でも、海外では走行距離はあまり気にしない人が多く車の状態さえよければ普通に購入する人がいるのです。
むしろ安くなるために購入する人が多いくらいなのです。
そのため海外への販売ルートを持っている買取業者だと比較的高値で買取してくれるところもあるのです。

関連ページ

事故っている無事故車(修復歴有)はどう?
事故を起こしてはいますが事故車としては認定されない車もあります。そのような修復歴のある車はどのように扱われるのでしょうか?
年式の古い車は売れない?
古い車は価値が下がって安くなるのですが、売れなくなるのはだいたいどのくらいの年式または何年落ちくらいからとなるのでしょうか?
カスタマイズした車でも大丈夫でしょうか?
車の好みは当然ながら人によって違いがあります。カスタマイズしてたくさんいじった車は売れるのでしょうか?
ローンが残っている車は売れるのか?
まだローンの支払いが終わっていない車は売れるのでしょうか?また売るにはどうしたら良いのでしょうか?
動かない車(不動車)は売れるの?
動かない車、俗にいう不動車ですがなぜ売れるのか?どういう販売ルートなのかを解説しています。
車検切れの車と車検有の車の違い
車検が無い車はどうしても車検がある車より不利になりがちです。その理由をご説明しています。