ローンが残っている車の売り方について

車を購入する場合には、一括で購入する方もいますがたいていは金融機関からローンを組んで購入する方がほとんどではないでしょうか。
人によってはローンが終わっていないのに車売りたい、買い替えしたいという方もいるのではないでしょうか。
どうせローンの残りも少なくなったから、問題なく返済できるからまたローンを組んで車を買い替えるという考えなのでしょう。

 

ただ、基本的にローンが残っている場合、自分で勝手に車売ることはできないのです。
ローンが残っている場合、その車の所有権はローンを組んでいる金融機関にあり、所有者は車に乗っている人ではありません。
ローンを組んで購入したのだから、この車は自分のもの、と思いがちですが実は書類上は金融機関の車ということになるのです。
自分のものでないのですから、勝手に売ることができないというわけなのです。

 

では、どうやったら車売ることができるのでしょうか。
そのためにはまず所有権解除を行わなければいけません。
所有権を解除する方法としては、一番簡単な方法は残りのローンを完済することです。
完済すれば何もせずに自動的に所有権は自分のものとなります。
車を売ったお金で完済するつもりと言っても順番が違いますのでそういう訳には行かないのです。

 

もし、車を売ったお金で返済したい、もしくは残りのローンも含めて新しくローンを組みたい、という場合には買取業者によってはそういった手続を行ってくれるところもあるので、まずは相談してみましょう。

関連ページ

事故っている無事故車(修復歴有)はどう?
事故を起こしてはいますが事故車としては認定されない車もあります。そのような修復歴のある車はどのように扱われるのでしょうか?
年式の古い車は売れない?
古い車は価値が下がって安くなるのですが、売れなくなるのはだいたいどのくらいの年式または何年落ちくらいからとなるのでしょうか?
酷使してきた走行距離が多い車は売れない?
どうしても長く走ってきた走行距離の多い車は評価が新しい車でも低くなりますが、買取出来ないレベルはどの程度になるのでしょうか?
カスタマイズした車でも大丈夫でしょうか?
車の好みは当然ながら人によって違いがあります。カスタマイズしてたくさんいじった車は売れるのでしょうか?
動かない車(不動車)は売れるの?
動かない車、俗にいう不動車ですがなぜ売れるのか?どういう販売ルートなのかを解説しています。
車検切れの車と車検有の車の違い
車検が無い車はどうしても車検がある車より不利になりがちです。その理由をご説明しています。