2013年の自動車メーカー動向

 

2012年の国内主要メーカーの動向のトヨタ自動車は2013年3月期時点では、日本と海外の自動車販売台数が887万1000台で前の期比151万9000増加となりました。
国内での販売台数は新商品を積極的に発売し227万9000台で、同20万8000台となりました。
軽自動車を除く販売シェアは過去最高の48・4%、軽自動車を含むと44・3%で着地しました。

 

13年の人気自動車では、「アクア」「プリウス」「カローラ」などが上位にランクインしています。
ホンダは自動車販売台数が340万8000台で前の期比92万6000台で、日常生活から介護関連まで幅広い用途に応える「N」シリーズの「Nボックス+」や、高速道路でも安心できる走行性能と低燃費を実現した「N-ONE」を発売。

 

米国では中型車専用のハイブリットシステムを搭載した「アコード プラグインハイブリット」、欧州では「シビック」で「ディーゼルエンジンi-DTEC」、タイではゆったりとした空間の「プリオアメイズ」も発売し販売の拡大を図りました。

 

日産自動車の自動車販売は491万4000台で前の期比4・8%、国内の販売は64万7000台で前年を割りました。
世界での販売状況は中国が118万2000台、米国は113万8000台となりました。

 

同社では電気自動車の販売も強化しており、今後も小型商用車やインフィニティ・ブランドで100%電動のラグジュアリー・モデルを投入する予定でいます。
今後は16年までに150万台の電気自動車を販売する計画を立てています。

 

関連ページ

2012年人気の中古車ランキング
2012年で人気があった中古車のランキングについてご説明をしています
2012年度 車の販売会社売上高ランキング
2012年度に一番車を売った販売会社と売上高ランキングを掲載。詳細の数字も掲載しています
2012年の新車人気ランキング
2012年における新車の人気ランキングや販売数や数字、車種などを掲載しています。
2013年の中古自動車販売会社動向
2012年に引き続き2013年の中古自動車販売の会社動向やランキングや売上高について掲載しています