さまざまなトラブル回避方法

 

インターネット上での売買が増えている中古車の売買では、一方でトラブルも多く発生しています。
例えば一括査定した時点の買い取り金額と、実際に車を売りに出した時の金額が違う場合があります。
契約後に減額されてしまう場合があります。

 

このようなケースでは契約書を提示することが必要になってきます。
買い取り業者からは減額の理由として、実際に走行してみると車の傷などが発見されたなどが多々あります。
この場合などは業者からの減額要求に答えない場合は、契約が不成立となることもあります。

 

他には現金は既に受け取っているが、その後に車がうまく動かないことから減額を要求される。
支払期日を過ぎても入金されていないなどのトラブルが発生することがあります。
これらのトラブルを回避するには、自分の売る車を正確にチェックしておくことも重要になります。
また、売る方の店の情報を把握することも必要で、インターネットなどで評判などを調べておきましょう。

 

もちろん、売買契約後だけでなく売買契約前にもさまざまなトラブルがあります。
まず、売る時期を催促されたりする場合は注意した方がいいでしょう。
お客との契約を急がせて安値で成立させたい場合などはこのようなケースが発生することもあります。

 

やはり、じっくり考えてから契約を交わした方がトラブルは発生しません。
また、二重査定制度があり業者が再査定した段階で減額されることがありますが、この制度を採用している店かどうかを事前にチェックしておくことも必要になります。

 

関連ページ

買い取り業者が倒産
もしも車を売った後に業者が倒産した際にはどうしたら良いのでしょうか?その想定をしておくことが大事です
中古車保証システムの導入について
中古車を購入する際に保証がないと何かのトラブルの際に不安になります。ここではそんな時に使える中古車保証システムについて説明しています。