事故車と査定

 

事故車には自動車査定協会と新車ディラー団体の自販車、中古車販売団体の中販連らが査定基準としているものがあります。
例えばフレームやラジエータなど9箇所で1つでも交換や修理する必要がある車は、事故車と判断されてしまいます。

 

事故車で一番に問題が多いのはフロントで、この部分の損傷が多い場合は修理しても採算がとれないと見られてしまいます。
小さな事故でドアが損傷してしまった場合などは、事故歴を申告することが大切です。
査定士はプロですから、ほんの小さなキズでも見逃しません。
かえって正確に報告する方が、黙ったままで申告しないよりは信用につながる場合があります。

 

たまに駐車車などで放置されたままの事故車を見かけたりしますが、仮に使用できなくなった事故車でも、リサイクルなどで再活用できる場合がありますから、まず買い取り業者と相談した方がいいのです。
事故車とはいえ分解して使用できる部品が多くあります。
仮に製造中止になった事故車があった場合などは、その部品はある意味では貴重な財産になるのです。

 

事故車かどうかは買う側も注意して見なければいけないですね。
ボディーやトランク、ボンネットなど注意して見なければいけない箇所はいくらでもあるのです。
ボディーなどは歪みを修正するために溶接したりしますが、タイヤ付近のジャッキアップポイント周辺をチェックすれば修正したかどうかを分かるのです。
事故者は売る側だけでなく、買う側も注意して見なければいけないということも忘れてはいけません。

 

 

トラブルを防ぐために出来る事記事一覧

車の買い取り交渉を進めてきた場合に、200万円で売却を契約し車を引き渡しましたが、現金の振り込み日になっても振り込みがありません。電話をしても通じないために会社に行くと倒産していました。大手の買取業者との契約ではこのようなトラブルは発生しませんが、無名の規模の小さな買取業者にはこのようなケースが発生しないとは言い切れません。このようなトラブルを回避するにはどうすればいいのでしょうか。車を売る場合に...

インターネット上での売買が増えている中古車の売買では、一方でトラブルも多く発生しています。例えば一括査定した時点の買い取り金額と、実際に車を売りに出した時の金額が違う場合があります。契約後に減額されてしまう場合があります。このようなケースでは契約書を提示することが必要になってきます。買い取り業者からは減額の理由として、実際に走行してみると車の傷などが発見されたなどが多々あります。この場合などは業者...

皆さん、中古車の保障システムというものを知っていますか?お恥ずかしい事に、私は知りませんでした。中古保障システムというものは、中古車を購入した際に、購入後の安心もサポートする・・というもので、中古車販売を行っている店舗によっても多少内容は違う様なのですが、殆どの業者では、購入後の一年間を保障するといったシステムを導入している様です。店舗によって異なりますが、一年間は走行距離に関係なく、いくら走って...